フィルム / マイクロフィルム保管

1990年代初頭までアセテート系ベースのフィルムは、可燃性であるナイトレート系ベースのフィルムより強く、安全で期待寿命は100年と考えられていました。しかし、アセテート系ベースのフィルムは、温度や湿度管理を適切に行っていない場合、ビネガーシンドロームという化学反応を起こし、寿命は100年もないということが90年代初頭に入り判明しました。



最善の対策は適切な保管環境で保管し、ビネガーシンドロームを発症させないことです。残念ながらビネガーシンドロームを発症してしまったフィルムを元通りにすることはできません。しかし、適切な保管環境で保管することで、ビネガーシンドロームの進行を遅らせることはできます。

共進倉庫ではお客さまの所有しているフィルムがいつまでも最良の状態を保てるように、空調管理をした2種類の倉庫(25℃と低温)をご用意しています。

低温倉庫においては、倉庫内の酢酸を除去するフィルターを有した除湿機を設置し、フィルムの長期保存に対応した保管環境を整えるよう努めております。

お客さまはフィルムの種類や長期保存が必要なフィルムなのか、利用頻度、利用時の緊急性などを考慮し、倉庫をお選びいただけます。

倉庫で保管するフィルムの管理には保管品管理システムであるArchiveManager(アーカイブマネージャー)をご利用いただけます。 アーカイブマネージャーでは、フィルムの保管状況の確認、出し入れの依頼などを一括管理することができます。